ようこそ住まいの最前線

収納袋ですっきり引越し

依頼をすると、梱包の段階から手伝ってもらえる引越し業者もありますが、自分で全ての準備をする場合、そのまま運ぶことができる収納グッズが役に立ちます。
特に、布団や毛布など大きなものは、圧縮袋を利用することですっきりします。
圧縮せずに厚みを減らすことができる収納袋も発売されています。
取っ手付きのものを選ぶと上げ下げが楽なので、引越したあとは来客用の布団の収納に利用することができます。
衣類用の圧縮袋は、セーターが30枚ほど入るものから、ロングコートが入るものまでサイズが豊富です。
衣替えまでそのまま収納しておけるので、引越したあとのクローゼットもすっきりします。
花柄やドット柄など、女性向きの可愛らしい圧縮袋も発売されています。
引越し 料金の記事を読む。

快適な暮らしを提供する住まいの最前線

現在の生活は、電力なしでは快適な暮らしは成り立たない部分があります。

しかし東日本大震災以後、計画停電といった経験をし、電力供給が不安定になる恐れがあることを知りました。

住まいの最前線では、電力確保の安心と省エネを兼ね備えることで快適な生活を提供しています。

そのためには、まず住まいの躯体に断熱材を使用することで熱の出入りを小さくすることが必要です。

それは、住まいのエネルギーの損失を抑えることになります。

省エネ性の高い造りの他に、エネルギーを自ら生み出したり蓄えたりする方法があります。

そして自ら生み出したエネルギーを管理や制御することで、効率良く使うことができます。

その結果、快適な暮らしをサポートすることができます。

こういった最前線の設備として、太陽光発電や蓄電といった設備機器を住まいに導入することができます。
このような発電や蓄電システムは、生活に最低限必要な電力を自ら供給することが可能になります。

さらに余った電力は電力会社に売ることで家計にも貢献できます。
そして光熱費の削減をすることができる上に、災害時に備える住まいとなります。
リフォームするなら、現在持っている不動産を売ってその資金に充てるのも良いでしょう。